ねこと一緒に!今日も楽しく、元気をだして!

30過ぎた女が一人で生きて行くって…。愛猫に話しかけながらも突然、猛烈な孤独を感じる時があるそしてにゃんこ見ながら猫川柳!遊びに来てくださった方コメント残してねぇ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大人女の京旅行 その4 いよいよ貴船“ひろや”へ

おみくじの結果を少し引きずったまま“ひろや”へ。入り口には3名の方が出迎えてくださり。「よう、お越しやす。」とごあいさつ。すぐにお席に案内され落ち着く。年季の入った仲居さんがすかさず私の手の中にあるおみくじを発見。「大吉どしたか?」とさりげなく結果を聞かれ、
「えーと。小吉でした。あはは。」と答える。触れてほしくないのにっ。が、さすが老舗料理屋のプロ仲居さん!「ようおしたな。大吉やったら下がるしかおへん。せやけど、小吉ならこれから善うなる、ゆうことです。」おっぉ?。これなら、凶の客が来ても力強く励まされるはず!?悪いことは、忘れて川床料理を楽しもう!

仲居さんお勧めの丹波ワイン(白)和食用を注文し運ばれてきたビンのうらを見ると合うお食事→もずく、と記載。ワインともずく…。合うんだろうか?恐る恐る口にすると軽い酸味と優しい香りは冷酒のように軽やかでお酒の弱い女性にも大丈夫そう。

いよいよ、お食事が運ばれてきた。
まずは、食前酒と八寸(あわび、サワガニ、銀杏、鱧ずし、松茸、等々約8種類)次は、氷の器におさしみが、トロ、ヒラメ、後1つ!(思い出せない。)

お行儀悪いですが、迷いすぎます。

20060820073625


吸い物
鱧と松茸のすまし 
ふたを開けると、松茸とかぼすのすっきりとした香りに感激。
一口飲むと、昆布でさっととられたダシに鱧の旨みが!
器の中は、秋でいっぱい。

20060820163325


焼き物と冷やし鉢
天然鮎の塩焼き.温泉卵付き素麺
今までの鮎はナンだったの?と思わせる味!
鮎ってこんなに美味しいものだったなんて…。
20060820163708



強肴
冷たい茶碗蒸し
中には、天然鰻とゆりね
鰻は濃厚で脂が乗っていますが、冷たい茶碗蒸しなのでスルスルとお腹へ。
20060820163942


箸あらい
無花果のコンポート
フランス料理屋?と思わせるぐらい洗礼された味。

油物
玉蜀黍、しし唐と鯛の天婦羅
塩で頂く、玉蜀黍が最高!食べきるのがおしいっ。

20060820170052


肉料理
近江牛のステーキ
口に入れた瞬間…。
まったりとした、口触りに加え
噛む必要がないほどのやわらかさ。あぁ?、幸せ。
20060820170938


酢の物とご飯(香の物)
鱧の梅肉だれ.鰻茶
最後の鰻茶は、最高の〆。
言葉は必要なし!

20060820173114


水物
マスカットゼリー
大粒の高級マスカットが、食事の最後を告げてくれます。
噛んだマスカットからはあふれんばかりの汁が。
20060820173948


川床コメント:席に着いたときは、まだ明るく川のせせらぎと野鳥が歓迎してくれる。席から、流れる水を触る。冷たく澄んだ水は今日の疲れを癒してくれる。



お料理コメント:天婦羅あたりで、ホントにお腹がいっぱいに…。でも、最後まで箸を置けなかったほど、どのお料理も素晴らしく、よくある旅館の会席が信じられなく思うほど。
新鮮な食材と丁寧な味付け。又、細やかな気遣いは最高。行って良かった!

そして、食後…。
途中、雨が降り出し席が室内に移ったりしたので出発予定時間を約30分オーバー。携帯もつながらないし、困った!でも、ホテルで予約してあるエステの時間に間に合わないと運転手さんに告げると、見事なドライビングテクニックで、あまり遅れづに済みました。(凄い!)エステシャンの方も快く迎えてくれたし、京都は観光客の為に皆が力を合わしてくれるんだ!エステ後、明日の予定を立てる…。祇園、八坂神社に決定!お目当ては、八坂神社傍のお麩と湯葉の専門店が出したお店大のや&七味とがらし専門店味幸
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。