ねこと一緒に!今日も楽しく、元気をだして!

30過ぎた女が一人で生きて行くって…。愛猫に話しかけながらも突然、猛烈な孤独を感じる時があるそしてにゃんこ見ながら猫川柳!遊びに来てくださった方コメント残してねぇ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大人女京の旅 その7 京土産

私の短い気まま旅行も終盤…。京の美味しい土産探しを開始。友人等にも旅行する事は話していなかったので、これとて土産を頼まれたわけではないし…。あげたい人と自分の分だけでいいかな。再び、祇園をぶらぶら。見つけました!一味の有名店。お客さんが小さな店内を処狭しと
商品物色中。一味や七味といえども色々ある。私は、辛いもの好きなので一番、辛い物を尋ね購入。その名も黄金一味。〈すごいネーミング!)

雑誌やテレビ(どっちの料理でSHOW) などでも、特選品の1つとして紹介された日本一辛い“黄金一味”
20060827173620


その他の京土産

JR京都駅内 “TAWAWA"のロールケーキ卵たっぷり!
3種類をチョイス。<プレーン.チョコレート.マンゴームース>
各120円
20060827174227




JR京都駅改札内
京土産処 舞妓

ここでは、色々な名店の商品が少しずつありとても便利。
左から、“するがや”のひやしあめ 500円、 “京都まるさわ”二度熟成濃口醤油 280円、
“ 文の助茶屋”黒豆わらび餅 370円

20060827174913




哲学の道で紹介した、“通りゃんせ”の手作りヨモギソープ 香料.着色料を一切使用せずに作られたオリジナルソープ。
切り傷、虫さされ、止血等殺菌作用にすぐれ、保湿力もあり肌の調子を
整えてくれる。(らしい…。まだ未使用の為、わかりませんが。)
通りゃんせお勧めの商品。

20060827181322




スポンサーサイト

PageTop

大人女の京旅行 その6 はつだの特選和牛弁当と京つけもの

毎食贅を尽くした京料理。満足だ!体重を気にしてみる…。朝一番、ホテルに備え付けてある体重計に恐る恐る足を乗せる。おぉ?。感動のため息!こんなに食べてるけど体重の変動なし!さすが和食&京での歩行距離!万歩計を付けていないので、距離は不明が、毎日かなり歩いてるからかな?じゃ、京のお昼は、はつだの特選和牛弁当と行こう!京都伊勢丹まで、ゆっくり歩いて行くことに(約25分)。伊勢丹B2階は、有名な老舗弁当売り場があるらしい。(ガイドブックで確認済み)お目当ての和牛専門店 はつだへ急ぐ。ここのお弁当は人気があるのですぐなくなるらしい。店舗前には軽い列。少し並んで無事購入!ここまできたら、お漬物売り場へGO!京漬物全国展開で有名な大安西利はあえて外し、売り場の方に地元でよく買われるおつけもんやさんを聞いてみる。京.錦小路のますご がなかなか人気らしい。売り場をゆっくり覘くと“ゴーやレモン”なる商品を発見。お肉のお弁当には、サッパリしてて合うかな。と購入。果たしてお味は…。美味ですぅ。
ゆるせ王子&姫


京都伊勢丹デパ地下 お漬物売り場
見ているだけでも楽しい!

20060824235236


ますごさんのゴーやレモン 500円
レモンのさわやかさと軽い苦味!おいしい!はまっちゃいます。何より歯ごたえが◎
私的に梅酒のお供に最高。
20060824235448



和牛専門店はつだ特選和牛弁当 1,680円
左京区山瑞柳ヶ坪町17-3

これは、お弁当なのか?お店で食べるようにお肉がジューシーでたっぷり乗ってます。炭火焼の香りとタレがもぅ泣けちゃう。
ご飯、キャベツそしてたっぷりの肉が三層に。食べ終わるのが寂しい。
ビバ!はつだ屋!☆☆☆☆星四つです。

20060824235812





PageTop

大人女の京旅行 その5  祇園.八坂神社

前日の疲れもなんのその!今日は祇園.八坂神社へ。
四条通祇園交差点前に建つ八坂神社は、朱色の美しい神社で、華やかな祇園にはとてもよく合う。

八坂神社
20060820185805



大のや

麩と湯葉の店
八坂神社から徒歩約1分
小さな門構えで、見落としがち。
食事中もお客さんから場所がわからないと何度も電話があり、場所説明を繰り返す店員さんはいつもの事の様にのんびり答える。さすがだ!<笑>

季節膳2,100円
湯葉がゆ、とろろ昆布汁、麩饅頭とお抹茶付き
味噌田楽、湯葉のさしみ小芋のぬたなど約6品が一皿に。
とろろ昆布汁は、最高!吉野葛ととろろ昆布がまったり。
20060820190049


コメント:席は、カウンターに7名、テーブル席2つとやや狭め。見晴らしもあまり…。お料理は、完全精進料理です。写真のコースは男性にお勧めできません。しゃぶしゃぶの付いた花弁当3,150円の方が、量的におすすめ。店内は女性客とカップルの半々。
味は◎。ですが、食後15分後には、お蕎麦が1杯食べれる位の量です!<笑い>

祇園をぶらぶら、観光客が多くどのお店も人であふれている。ふと見ると京の占い(今日の占い?ダジャレなのか?)目を引く手相の看板を発見。近で見よう…。ってもっと凄いものがその前向かえに。ここは、祇園のメインストリートをやや奥に入ったところにある。その建物が下の写真。大きく、お古乃美焼「壱銭洋食」とあり、かなり怪しい店構え。でも、ソースの甘くこおばしい香りに惹かれ、近づくとお好み焼きに似た、大きな物が鉄板の上でジュウジュウ。入り口横にある、ベンチには持ち帰りの客が待っている。店内には結構人影が。入ってみよう!メニューは、その洋食焼きとビール、ラムネ、水のみ。一枚630円。席に着くと、客と思っていた人影が実は浴衣を着たマネキン達と判明!があとは外国人客が多い。味は…。これまた、☆☆☆☆!
土産用にもう1つ注文。上手すぎです。冷めても上手い!中身は、肉、卵、こんにゃくにネギ。見た目はオムそば風。絶対、寄るべきです。

怪しい入り口

20060820194227


うわさの「壱銭洋食焼き」
20060820200639


お土産用
20060820202238



お持ち帰り用袋の電話番号表記上には、もしもしと書いてあり、これまた笑えます。

PageTop

大人女の京旅行 その4 いよいよ貴船“ひろや”へ

おみくじの結果を少し引きずったまま“ひろや”へ。入り口には3名の方が出迎えてくださり。「よう、お越しやす。」とごあいさつ。すぐにお席に案内され落ち着く。年季の入った仲居さんがすかさず私の手の中にあるおみくじを発見。「大吉どしたか?」とさりげなく結果を聞かれ、
「えーと。小吉でした。あはは。」と答える。触れてほしくないのにっ。が、さすが老舗料理屋のプロ仲居さん!「ようおしたな。大吉やったら下がるしかおへん。せやけど、小吉ならこれから善うなる、ゆうことです。」おっぉ?。これなら、凶の客が来ても力強く励まされるはず!?悪いことは、忘れて川床料理を楽しもう!

仲居さんお勧めの丹波ワイン(白)和食用を注文し運ばれてきたビンのうらを見ると合うお食事→もずく、と記載。ワインともずく…。合うんだろうか?恐る恐る口にすると軽い酸味と優しい香りは冷酒のように軽やかでお酒の弱い女性にも大丈夫そう。

いよいよ、お食事が運ばれてきた。
まずは、食前酒と八寸(あわび、サワガニ、銀杏、鱧ずし、松茸、等々約8種類)次は、氷の器におさしみが、トロ、ヒラメ、後1つ!(思い出せない。)

お行儀悪いですが、迷いすぎます。

20060820073625


吸い物
鱧と松茸のすまし 
ふたを開けると、松茸とかぼすのすっきりとした香りに感激。
一口飲むと、昆布でさっととられたダシに鱧の旨みが!
器の中は、秋でいっぱい。

20060820163325


焼き物と冷やし鉢
天然鮎の塩焼き.温泉卵付き素麺
今までの鮎はナンだったの?と思わせる味!
鮎ってこんなに美味しいものだったなんて…。
20060820163708



強肴
冷たい茶碗蒸し
中には、天然鰻とゆりね
鰻は濃厚で脂が乗っていますが、冷たい茶碗蒸しなのでスルスルとお腹へ。
20060820163942


箸あらい
無花果のコンポート
フランス料理屋?と思わせるぐらい洗礼された味。

油物
玉蜀黍、しし唐と鯛の天婦羅
塩で頂く、玉蜀黍が最高!食べきるのがおしいっ。

20060820170052


肉料理
近江牛のステーキ
口に入れた瞬間…。
まったりとした、口触りに加え
噛む必要がないほどのやわらかさ。あぁ?、幸せ。
20060820170938


酢の物とご飯(香の物)
鱧の梅肉だれ.鰻茶
最後の鰻茶は、最高の〆。
言葉は必要なし!

20060820173114


水物
マスカットゼリー
大粒の高級マスカットが、食事の最後を告げてくれます。
噛んだマスカットからはあふれんばかりの汁が。
20060820173948


川床コメント:席に着いたときは、まだ明るく川のせせらぎと野鳥が歓迎してくれる。席から、流れる水を触る。冷たく澄んだ水は今日の疲れを癒してくれる。



お料理コメント:天婦羅あたりで、ホントにお腹がいっぱいに…。でも、最後まで箸を置けなかったほど、どのお料理も素晴らしく、よくある旅館の会席が信じられなく思うほど。
新鮮な食材と丁寧な味付け。又、細やかな気遣いは最高。行って良かった!

そして、食後…。
途中、雨が降り出し席が室内に移ったりしたので出発予定時間を約30分オーバー。携帯もつながらないし、困った!でも、ホテルで予約してあるエステの時間に間に合わないと運転手さんに告げると、見事なドライビングテクニックで、あまり遅れづに済みました。(凄い!)エステシャンの方も快く迎えてくれたし、京都は観光客の為に皆が力を合わしてくれるんだ!エステ後、明日の予定を立てる…。祇園、八坂神社に決定!お目当ては、八坂神社傍のお麩と湯葉の専門店が出したお店大のや&七味とがらし専門店味幸

PageTop

大人女の京旅行 その3 貴船神社へ

貴船川に沿った、細い山道を長い間走り、最初の料理旅館“べにや”の明かりがぼんやりみえてくる。雨が降ったせいか、うっすらと霧のかかった古い建物は、とても情緒があり、引き込まれそうになる。「後、10分少々です。」運転手が、さりげなく告げてくれたので時計を見ると、予約まで少し時間がある。先に貴船神社に行きたかったので良かった。
私の行く“ひろや”は、貴船神社の前向かいにあり、とても便利。
タクシーを降り、薄暗い灯篭が並ぶ参道をゆっくりあがっていくと素晴らしい檜の香りが漂う。神秘的で美しい境内に感動。

貴船神社
水を司る神で、縁結びの神でもある。(また縁結び…。)
また、絵馬発祥の神社としても有名。
6:00?20:00まで

ここでは、珍しい水占おみくじがある。
境内の霊水にこのおみくじを静かに浮かべると文字が浮かび上がってくる。もちろん私もトライ!結果は小吉…。ここまで来たのに?

20060820062110





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。